『待ってるからね』と言われる幸せ

待っていてくれている人がいること。なんかそれだけで,がんばったり,踏ん張ったりできませんか?

おたかさんは,「待ってるよ」と言う側で,「待ってるよ」と言ってもらえる側であることが減ってきているような・・・けれど,「待ってるよ」と言ってもらえると嬉しいことは知っているから,「待ってるよ」と言えることも嬉しいです。そして,「待ってるよ」と言う限りは,自分が元気でいなくてはと踏ん張ることができます。

それでもやっぱり,「待ってるよ」と言ってもらいたいと思うときもあります。そんな時は,天国の大切な人たちのことを想います。そう,かれらは,わたしを見守りながら待ってくれている。彼らを待ちぼうけにさせることは絶対にないけれど,待ちくたびれさせてしまうくらいに待たせることが喜んでもらえることだと信じて,またまた踏ん張ろうと気を引き締めます。

そしてまた,「待ってるよ」の声掛けをします。今は,ガンバ!ガンバ!(←古~い(笑】)。

その他のつぶやき

  1. 涙にもありがとう

  2. 守るためには、強くならなくてはいけないの?

  3. 通い慣れた道への思い

  4. 朝、目が覚める。

  5. 今日、誰かとあいさつを交わしましたか?

  6. 箱根駅伝応援デビュー

サロンご利用案内



○ご利用料金:1,000円


○ご利用日

がん患者様・ご家族様・ご友人様
 月曜&火曜 午後1時~4時


ご遺族様
 日曜&木曜 午後1時~4時



※初回のみ事前に(当日でも結構です)メールでご連絡ください。 2回目以降のご利用はご連絡なしでいつでもお気軽にお立ち寄りいただけます。


からだにやさしいお茶付

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
がん患者とご親族さま ご遺族様
PAGE TOP