朝一番のありがとう

おたかさんの朝一番の「ありがとう」は,痛みもなく,すっと起き上がれたときのひとりごとです。

起き上がるなんて,なんてことないことだと思ってきたけれど,予期せぬ痛みを感じて,すっと起き上がることができない体験をしてしまうと,当たり前であったことに感謝するようになりませんか?

そして,起き上がれたあと,痛みもなく排泄すべきものが,いつもと同じように出せたことにも感謝です。

変な話かも知れませんが,おたかさんは,出せたものを流すときにも「ありがとう」とつぶやきます。このつぶやき癖は,母の入院時,出るべきものが出てくれることを,一緒に祈るようになった頃からのような気もします。

健康であることの証のひとつは,体から出るべきものが出せること。排泄だけではなく,おならやくしゃみなどが出たときも「ありがとう」と言葉にすると,少し体が喜んでくれるような気がします。

その他のつぶやき

  1. 「またあしたね~」 声を掛けあってそれぞれの帰路につくふたり…

  2. 守るためには、強くならなくてはいけないの?

  3. 『生のみが我らにあらず 死もまた我らなり』

  4. 今日、誰かとあいさつを交わしましたか?

  5. 気づいてしまいました・・・

  6. 第一歩を考えよう!

サロンご利用案内



○ご利用料金:1,000円


○ご利用日

がん患者様・ご家族様・ご友人様
 月曜&火曜 午後1時~4時


ご遺族様
 日曜&木曜 午後1時~4時



※初回のみ事前に(当日でも結構です)メールでご連絡ください。 2回目以降のご利用はご連絡なしでいつでもお気軽にお立ち寄りいただけます。


からだにやさしいお茶付

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
がん患者とご親族さま ご遺族様
PAGE TOP